自動のため管理が楽|環境にやさしいビルに施工すれば省エネ化にもつなげられる

環境にやさしいビルに施工すれば省エネ化にもつなげられる

自動のため管理が楽

作業員

なぜ自動にするのか

企業などにおいて、空調や防犯システムなどの設備を人が管理するのではなく、自動制御にしている例も多くあります。自動制御にすることで、機械が管理をすることになるため、管理調節はすべてオートメーション化できます。例えば空調を自動制御にした場合、設定した温度や湿度になった時に、自動的に空調が動く仕組みにできます。人がいちいちスイッチを入れなくても、自動的に空調をつけてくれるので、社内で働く方が、常に快適な環境で働くことに繋がります。もちろん自動的に動くといっても、24時間動くわけではありません。制御する時間を日中だけに設定しておくことによって、自動で制御するのは社員が働いている時間のみにするなどの調整が可能です。

人件費節約のメリット

設備を自動制御にすることのメリットの1つが、人件費を節約できるということです。例えば防犯設備を導入せずに、警備員を配置するとしたら、それだけでかなりの人件費が必要になります。そこで自動制御の防犯システムがあれば、すべて警備員任せにするのではなく、ある程度は機械に任せて、最小限の警備員の配置ですみます。また自動制御というのは、工場などのオートメーション化にする上でのメリットとしても大切なポイントです。工場の機械が自動制御になれば、働く方は機械を見ている最低限の人材となります。そのため工場で働く方の業務内容を簡略化できるので、教育にかける費用も節約できて、配置する人数も少ないので人件費節約の効果が期待できます。