電力の安定供給と環境配慮|環境にやさしいビルに施工すれば省エネ化にもつなげられる

環境にやさしいビルに施工すれば省エネ化にもつなげられる

電力の安定供給と環境配慮

地球

安定供給可能な電力源

東日本大震災と原発事故によって発生した深刻な電力危機をきっかけに、再生可能エネルギーへの関心が高まりました。従来の電力は多くの部分が石油や石炭・天然ガスといった化石燃料を使った火力発電に頼っていたのです。そうした化石燃料による二酸化炭素排出が地球温暖化を招いているという点は、すでに多くの人が憂慮する周知の事実となっています。そのため太陽光発電や風力発電など、化石燃料によらない再生可能エネルギーが脚光を浴びるました。そうした発電方式は二酸化炭素を放出しないことからクリーンエネルギーとも呼ばれており、発電施設も全国で増加しています。しかしながら太陽光や風力を利用した発電方法は天候に大きく左右される面があり、電力の安定供給という点で課題を残しています。その点で同じクリーンエネルギーの1つに数えられるバイオマス発電は天候の影響をほとんど受けず、原料さえ確保できれば電力の安定供給が可能です。間伐材や建築廃材などを使って電力を生み出すバイオマス発電は、次世代のエネルギー源として注目されています。バイオエタノールやバイオディーゼルには、ガソリン代替燃料としての可能性も秘められているのです。

環境に配慮したエネルギー

自動車の燃料としても実用化の段階に入ったバイオマスには、原料やエネルギーの利用方法・発電方法によって多くの種類があります。間伐材などは木質チップの形に加工され、木質ペレットに加工された木くずとともに直接燃焼方式や熱分解ガス化方式によってエネルギー化されます。燃焼や熱分解によって発電機のタービンを稼働させるバイオマス発電の原料には、木材以外にも可燃ごみや廃油などの産業廃棄物が含まれます。この他に生物化学的ガス化方式は畜産廃棄物や下水汚泥などを材料としており、微生物による発酵分解で動力源のメタンガスが得られるのです。こうした植物由来の燃料は地球規模での二酸化炭素総量を増やすことがないと考えられており、環境に配慮したクリーンエネルギーに該当します。太陽光発電や風力発電よりも電力の安定供給が可能なクリーンエネルギーとして、バイオマス発電で作られた電力を利用する企業が増えています。電力の完全自由化によって、従来は対象外だった小規模事業所でも自由に電力会社を選べるようになりました。バイオマス発電に力を入れている電力会社と契約することにより、地球環境への配慮と安定した電力の両方が実現されるのです。