環境にやさしいビルに施工すれば省エネ化にもつなげられる

電力の安定供給と環境配慮

地球

近年の電力危機で再生可能エネルギーへの関心が高まりましたが、太陽光や風力発電は天候に左右されます。同じクリーンエネルギーでも産業廃棄物等から電力を作るバイオマス発電は、より安定した発電方法として注目されています。地球環境への配慮と燃料の安定供給を両立できるバイオマス発電の導入が企業でも進んでいます。

もっと見る

マンションの修繕

マンション

マンションは経年劣化により、外壁の汚れ、ビビ割れ等の状況が進んでいきます。このような経年劣化の進行を食い止めるために、大規模修繕が必要となります。概ね新築から10年を目安に実施します。大規模修繕によりまして美観・外観が良くなり、かつ資産価値の保持にも資することとなります。

もっと見る

自動のため管理が楽

作業員

自動制御にすることによって、社内の空調管理が一定の温度で行われるようになって、社員が快適な環境で仕事ができます。さらに防犯設備を自動制御にすることで、配置する警備員が最小限ですむため、人件費の節約にもつながります。

もっと見る

エコ対策の時代

ビルの模型と婦人

電力節約が重要

建造物を企業で所有している場合には、特に注意しなければいけないポイントとして、ビル内の設備に関する管理があるのです。ビル管理を行う際には、さまざまな要素の中でもとりわけ電気などを可能な限り節約するための省エネ対策が重要になっていきます。省エネ対策を万全に行うことで、周囲の環境にも優しい効果を発揮するので、環境問題に対する先行投資としての心構えも持てます。このように数多くの注目点がある中でも、電気代などにかかるコストを軽減し、省エネ効果を発揮するビルを実現することこそ必要です。さまざまな計測器で電気量を逐一計測するなどの努力が必要で、これらの電気消費量を視覚化できる設備を投入することが、省エネに大きな力を発揮します。

企業が求めるメリット

環境に優しいビル設備を利用する事によって、企業アピールを行う上でも多くのメリットが生じ、省エネ対策を施すことの意味はあります。各種電気メーターや電力監視システムなどを常設することで、電気の消費量を逐一管理でき、確認しやすいことも魅力となっています。電力の他にも空調設備の管理をおこなうことで、より省エネに貢献できるようになるのも、経費節約に大きく貢献するのです。省エネ設備に投資する際には、よりアフターサービスや定期メンテナンスが充実している業者が人気で、迅速に対応してくれることも需要の高さを証明しています。省エネ効果によるコスト軽減に加えて、より安価なビル設備投資が実現できるサービスが多いことも多くの企業が納得できる理由です。